FC2ブログ

社会福祉法人杉戸町社会福祉協議会

ゆきとどいた福祉としあわせな社会づくりを目指して【埼玉県/杉戸町/すぎと社協】

地域福祉サービス

【友愛訪問】
65歳以上のひとり暮らし及び寝たきりの高齢者、認知症高齢者に対して、地域での見守り活動の一環として慰問を実施しています。 
訪問回数:年2回(6・7月、2月)
協力:民生委員児童委員協議会


【ふれあい会食会】
ふれあい会食会65歳以上のひとり暮らし高齢者の社会参加と仲間づくりの場として、会食会を開催しています。  
実施回数:年1回(2月)、地区別に開催
協力:民生委員児童委員協議会



【長寿記念品の贈呈】
敬老の日の記念事業として、85歳に達したご夫婦に、その長寿をお祝いし記念品を贈呈しています。



【ふれあいのつどい(障がい者のつどい)】
ふれあいのつどい(障がい者のつどい)障がい者(児)やその家族に、ボランティアとのレクリエーション活動を通じて交流の場を提供しています。
実施回数:年1回(11月)
協力:福祉ボランティア連絡会
   すぎスポフロアカーリングクラブ




【すぎとピアサロン】

すぎとピアサロン仲間づくりや交流の場として誰もが気軽に立ち寄れるサロンをおこなっています。
場所:すぎとピア談話室
内容:毎週木曜日 午後開催(5週目はお休み)
   音楽療法や体操など講座型のサロンとなっています。

【いきいきふれあいサロン】 
ひとり暮らし高齢者等の閉じこもり予防のため、地域による地域のためのサロン活動(寄り合いの場)を支援しています。 


◆彩の国あんしんセーフティネット事業

 県内の社会福祉法人と協働し相談支援事業を行います。利用可能な制度の紹介や支援機関への橋渡しを行うとともに、逼迫した状況にある場合は経済的援助(現物給付)をおこない、生活困窮者の自立を支援します。また、県社協と協働し生活困窮者の相談に応じ、本人が抱える課題を把握し包括的に支援します。


◆生活困窮者自立支援事業

 生活困窮者自立支援事業の実施機関であるアスポート相談支援センター埼玉東部等と連携し、生活困窮者の自立の促進を図ります。
 生活困窮者自立支援事業とは、生活保護の受給となる前に自立を促すことを目的として、失業、借金、引きこもりなど、様々な課題を関係機関が連携しながら解決に向けて支援するものです。


◆フードバンク事業

 生活困窮者が逼迫した状況にある場合、経済的援助(現物給付)を行い、自立を支援します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※PDFファイルをご覧になるにはアクロバットリーダーが必要です。
お使いのパソコンにない場合は、ダウンロード(無料)してご覧ください。

アドビリーダー